スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オフレポ】第7回キツネの社mf【前編】

12月21日に行われた第7回キツネの社mfのオフレポ前編になります。
あらためて見直して見るとプレイングミスが目立ちますが、向き合う事も大切だと思ったので記事にしておこうと思います。

使用した構築はこちらの記事をご覧ください。

【1試合目】vsサイファーさん
自分:ガブリアス色ハッサムスイクン色バンギラスラティオスカイリュー

相手:スイクン色メタグロス色ボーマンダ色バンギラスドリュウズランクルス


前にも書いた気がしますが、前日努力値を振って完成したPTだったため、一戦目の選出段階にして欠陥が見つかりました。相手のスイクンと砂ドリュウズが面倒くさいという点です。白目むきそうでした。

<選出予想>
100%スイクンは来ると思いました。後はこれだけ竜がいればグロスは来るかなぁと言った感じ。
そうなった際に型にもよりますがこちらのスイクンが重いはずなのでスイクンに強い何かしらだろうと思いました。
全体的にハッサムの通りがいいPTなのでハッサムで抜く事を前提に選出しました。

<試合内容>
初手はガブリアスとスイクンの対面。よそ見をしていてボールを見るのを忘れる。
零度スイクンであればこちらも零度スイクンに引いてチキンレース始める所だったのですが、仮に残飯瞑想とかだとスイクン後投げは完全に起点にされてしまうので引くに引けず地震→流星でガブリアス退場。

ハッサムが熱湯火傷とか洒落にならないのでどうにでもなれと言った感じでスイクンを出して零度選択。
相手スイクン→グロス。零度外れる。
とりあえず負担をかけるためにドロポンを選択。グロスの思念の頭突きが急所にあたる。かなしみ。
そのままグロスを落とすとスイクンが出てくる。プレシャスだった。こちらは零度を選択。外れる。相手の熱湯でスイクンが落ちる。

もう相手の裏が炎技のない過剰マンダとかじゃないと勝てないのでハッサムで舞う。
熱湯でやけどを引かず。虫食いで落とすとボーマンダ登場。威嚇。
急所を引く事もなく、普通に文字を当てられて負け。零度は当たらないし急所は引くしで今日はポケモンをやるべきではないと思いました。

0-1


【2試合目】vsぱさん
自分:ガブリアス色ハッサムカイリュー色バンギラスラティオススイクン
相手:ポリゴン2ニョロトノキングドラシャンデラナットレイカイリュー

ツイッターで絡んでいる身内のぱさんに2試合目にして当たってしまう。
以前の社mfでも当たっていたため、お互いに苦笑い。

<選出予想>
竜3枚である事からトノグドラ軸で来るとは思った。その際面倒になってくるスイクンへの打点を持てるナットレイ辺りが来るのかなぁと言った感じ。
こちらは単純に雨がきついのでいかにしてハッサムカイリューの先制技で相手を縛る事が出来るかといった印象だったので素直に基本選出にしましたが、スイクンハッサムカイリューとかのほうが結果的にはよかったかもしれない。

<試合内容>
初手はガブリアスとポリゴン2の対面。トレースで鮫肌がばれる。
襷を温存したかったのでハッサムに引いて冷凍ビームを受けると急所にあたる。
とりあえず裏に負担をかけるため虫食いを選択するとニョロトノが出てきて脱出→キングドラ。
電光石火でグドラを削って滝登りでハッサムが落ちたのでカイリューを投げる。
とりあえず神速を打つと逆鱗が飛んできたのでそのまま神速でグドラを落とすとニョロトノが出てくる。

ここでカイリューで突っ張った場合、マルチスケイルポリ2が出来上がる事でこちらの負けが確定してしまうため、ガブリアスに引くと凍える風が飛んでくるが、こちらの方が早く、流星群で落とす。
出てきたポリゴン2に地震とドラゴンジュエル逆鱗を当てて勝ち。
グドラが落ちた所でポリゴン2からこられていたら負けだったため、運よく勝ちを拾えた感じでした。

1-1


【3試合目】vsまなぼーさん
自分:ガブリアス色ハッサムカイリュー色バンギラスラティオススイクン

相手:ガブリアス色ボーマンダ色ローブシン色バンギラスクレセリアスイクン

また身内でしたw
しかもまなぼーさんに関しては構築相談とかしてたのでガブの型が完全に割れてます。
僕もまなぼーさんのガブが砂ガブではない事はわかっていたのでお互いにわかった上での一戦。

<選出予想>
ローブシンは刺さっているので来るかなぁと言った感じ。後は先程の経験からスイクンも来そうだと思いました。
クレセリアの型が仮に月光乱舞の奴だと相当しんどいので先制技で負荷をかけやすい基本選出にしました。

<試合内容>
ガブリアス同士の対面。ドラゴン対面は引くのがマナーといいますが、流星群大安定なので流星群を選択。しっかり当てて襷発動。相手はハッサム読みの大文字。
次にガブリアスが先制出来ればかなりの爆アドでしたが、上手くは行かず逆鱗を先に打たれてしまい、鮫肌によりお互い退場。

カイリューを出すとボーマンダが出てくる。
僕は現環境のボーマンダはジュエルか眼鏡かスカーフの3匹しかいない勝手に思っています。
ここは相手は絶対に竜技を打つしかない場面で、ジュエルなら文字でハッサムが落ちた後に舞いジュエルカイリューの一貫が出来る。拘っていた場合ハッサムの起点に出来るためハッサムに引くと、流星が飛んでくる。ダメージ的に火力上げアイテムではないと判断し、剣の舞を選択するとローブシンが出てくる。

バレットを打って神速圏内まで削り、ハッサム死に出しからカイリューを投げて、そのまま神速でブシンを落とし、ボーマンダにジュエル逆鱗を当てて勝ち。

2-1


【4戦目】vsコンペイさん
自分:スイクン色ラティオス色ハッサムバンギラスガブリアスカイリュー
相手:キノガッサ色ラティオス色メタグロス色カバルドンドリュウズラッキー

当たりたく無かったカバドリを遂に引く。重いのはわかっているのでどうにかして倒すしかない。

<選出予想>
カバドリ+何かで来ると思った。多分スイクンが重いからカバドリガッサかなぁ程度。
とりあえずスイクンは腐りにくいと思ったので選択。初手ガッサが来た時のためにラティ。先制技で何とかしてくれるハッサムで行く事にする。

<試合内容>
初手はスイクンとキノガッサの対面。完全に読まれてました。
ノータイムでラティオスへ。ローキックが飛んできてダメージ的に鉢巻き確定。リフレクターから入る。
相手はグロスに交代。カバドリ選出じゃない事に安心する。

こちらはとりあえずスイクンに交代。スカーフトリックが飛んでくる。
負荷をかけるためドロポンを選択。相手は思念の頭突き。
ガッサが来ると思い、ラティオスへ交換すると相手もグロスをラティオスに交代。

グロスがいい感じに削れているので一貫する竜の波動を選択。相手はメタグロスに交代。
ラティオスのHPに余裕があったのでリフレクターを選択。メタグロスのアイアンヘッド。
そのまま竜波でメタグロスを落とし、後続から出てきたキノガッサをハッサムのバレット圏内に入れてしまえばいいので竜波を打つと急所に当ててそのまま突破。

ラストのラティオスを竜波→スイクンの冷凍ビームで倒して勝ち。

3-1


ここで予選ラウンドの半分が終了。中編にへつづく。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

荒川区37

Author:荒川区37
ニコ生で主にシングルレートの放送をやっています。

検索フォーム

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。