スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オフレポ】第8回キツネの社mf【前編】

3月2日に行われた第8回キツネの社mfのオフレポになります。

使用構築はこちらの記事をご覧ください。

それでは、追記に記載させていただきます。

【R1】vsポテトさん
自分:ドーブル色メタモンレパルダスフワライドパルシェンキノガッサ
相手:ハッサム色ローブシン色スイクン色バンギラスFCランドライコウ

<選出>
初戦から非常に面倒くさいPT。
というのも、レパルドーブルはハッサムのとんぼがえりからの展開がかなりきついのでどうしようかといった所。
正直ライド選出で行きたかったのですが、経験上バンギローブで来られるとライドパル選出はかなり厳しい戦いを強いられてしまうのでしぶしぶレパルドーブル選出。

<試合内容>
初手はハッサムとドーブルの対面。胞子で眠らせる。
メタモンを出すとダブルアタックとか言うやばい技を持っていて焦る。
剣の舞をすると相手はとんぼ返り→スイクン。
波乗りを被弾し、とんぼ返りからレパルダスを選出。

猫の手胞子をするとハッサムが出てくる。身代わりをとんぼ返りで破壊され、ローブシンが出てくる。
この時点で間違いなくラムローブであるため、こちらの負けがほぼ確定だったのですが、押しミスらしく、ドレインパンチではなくマッハパンチが飛んできたため催眠ループに入れる事が出来る。

そのまま嵌めて勝ち。かなりラッキー。

1-0


【R2】vsくろもちさん
自分:メタモンドーブル色レパルダスフワライドパルシェンキノガッサ
相手:ボルトロス色キノガッサ色ウルガモススイクンパルシェンガブリアス通常

<選出>
まぁボルトロスとガッサは来るだろうなといた感じ。アホみたいに刺さっているので。
で、ラスト1枠はガブリアス以外であれば全体的に刺さっているためどれが来てもおかしくないなぁと言った所。
メタモンから入ればどうにかなりそうだと思ったので基本選出にしました。

<試合内容>
初手はボルトロスとメタモンの対面。挑発電磁波型である事を確認。
とりあえず10万ボルトを選択。相手は電磁波。
電気ジュエル10万ボルトを受けるも、そのまま10万ボルトで押して相手のボルトを落とす。
後続からキノガッサが出てきてマッハパンチで落とされる。

今になって考えると、ガッサがスカーフだった場合負けだったのでかなり軽率なプレイングだった。
レパルダスを投げて猫の手胞子からの身代わり威張る。
相手のキノガッサがいい感じに寝てる+混乱自傷を引いたため身代わりを残した最高の状態でウルガモスと対面。
ほぼ勝ちを確信したのですが、相手はずるもちで有名なくろもちさん。ここからがやばかった…。

【問い】
くろもちくんはウルガモスを使っています。
最速で起きる確率は3分の1です…①
混乱で動ける確率は2分の1です…②
対面でレパルダスを突破する事が出来る確率はいくつでしょう。

【答え】
①より、すべて最速起きする確率は1/3^8=1/6561…③
最終ターンで威張るを受けるため、対面でレパルダスを突破する確率は②、③より
③/②=1/(6561*2)=1/13122≒0.0076%



_人人 人人_
> 0.0076% <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄


あまりのショックに言葉が出ませんでした…。
挙句の果てにはドーブルで変身したのをメタモンと勘違いしてオバヒではなくめざパ(何か知らんけど等倍)を打つという自ら勝ちを逃してしまうプレイングミスをかましてしまったため、負け。
この流れだと僕がオバヒ打っても外してそうでしたがw

ちなみにドーブル対面でも2回くろもちさんのウルガモスは自傷せずに動いていたので、先程の結果をさらに2^2で割る事で対面からレパルドーブルを突破する確率は1/52488となり0.0019%になります。

正面突破された事よりも、ショックから正しい判断が出来ず、自ら勝ち筋を逃してしまったのが一番悔しかったです。
フィーチャーマッチとして生放送されていた事もあり、タイムシフトを動画にしてもよいかという届け出もあったのですが、最後のプレミが情けなさ過ぎるのでお断りさせていただきました。
楽しみにしていた方もいらしたとは思いますが、本当に申し訳ないです;;

ちなみにこの試合の後、めざ岩ドーブル使おう!みたいなネタツイットをしましたが、ドーブルみたいなks種族値のポケモンにおいてめざ岩にする事は自殺行為なのでやめておきましょう。

1-1


【R3】vsバグさん
自分:キノガッサ色フワライド色パルシェン色レパルダスドーブルメタモン
相手:ガブリアス色カイリュー通常ジバコイル色ユキノオーランクルスローブシン

<選出>
面倒くさいポケモンだらけで始まる前からお通夜。
ノオー、ランクルス、ローブシン、ジバコイルと出てきてほしくないポケモンが多過ぎた。
レパドー選出は厳しそうだったので裏選出で行く事に決める。
パルシェンが刺さっているのでジバコイルは来ると予想。
スリップダメを稼ぐ+必中吹雪を打つためのユキノオーは入ってきそうだと思い、後1匹はレパドーに厚いポケモンを連れてくるかなといった感じ。
電気の一貫性があるので初手はジバコイルだと予想したため、ガッサから入るライドパル選出。

<試合内容>
初手はガブリアスとキノガッサの対面。ダブルチョップをかわして胞子。
この辺り若干うろ覚えですが、身代わりを打ち、ローキックを打つ。ガブはそのまま突っ張るが起きず。
気合いパンチを打ちに行くと、相手のダブルチョップがめちゃくちゃ入ったので鉢巻きだとわかる。
もう一度胞子を打ちに行くとカイリューが出てきてラム消費。逆鱗でガッサを落としてもらい、フワライドの起点にする。
がっつり積んでパルに繋ぎ、そのままガブカイリュージバコを全抜きして勝ち。

2-1


【R4】vsそげさん
自分:レパルダスドーブル色メタモンフワライドキノガッサパルシェン
相手:キングドラニョロトノ色ジバコイル色FCトルネヘラクロスマンムー

身内戦。こういう場面で当たりたくなかったw

<選出>
どう見てもレパルドーブルが刺さっていると思ったので迷わずレパルドーブルメタモン選出。
肝心の順番ですが、初手に何が来ても対応可能であると感じたため、下手に起点にされないように初手からレパルダスを出していきました。

<試合内容>
初手はキングドラとレパルダスの対面。猫の手胞子をするとラムの実が発動し、身代わりを貼られる。
イカサマで身代わりを壊すと滝登り。そのまま猫の手からの身代わり→イカサマの流れでグドラを落とす。
後続のニョロトノ、ジバコイルを催眠威張るイカサマでそのまま嵌めつつ落として勝ち。

ジバコイルの型が身代わり分身型だったが、手がつけられなくなる前にちゃんと技を当てたレパルダスは偉い。

3-1


【5R】vsこまきさん
自分:キノガッサ色フワライド色パルシェン色レパルダスドーブルメタモン
相手:ユキノオー色ブルンゲル♀色メタグロス色ガブリアス通常サンダーラッキー

2試合連続で身内対決。
小巻くんは面白いPTを作る人なのでよく構築やアイデアをぱくらせて参考にさせて貰っています。
きっとこのPTも普通の御大スタンに見えて何か変なのが入っているんだろうなぁと勝手に予想。

<選出>
小巻くんは以前レパルドーブルを使っていた人なのでこちらが何をされたら嫌なのかは分かっている前提で選出を決めました。
まず現環境での御大はスカーフである事が多く、スカーフの場合僕のPTではかなり刺さっているため選出されるであろうと予想。
また、ラッキーがいる時点でレパルドーブルでの突破はほぼ不可能であるためこちらは裏選出を迫られます。
その際、パルシェンによる全抜きを阻止するため、メタグロスが選出されるためノオーグロス+1で来る事はわかるのでこの際御大がスカーフで無い場合ガッサが重くなる→ガッサに強いサンダー
御大がスカーフの場合→パルシェンに厚めなブルンゲルといった選出予想。

初手にガッサを投げてガッサを上から叩けるポケモンと対面した場合そのままガッサを切ってフワライドorパルシェンの起点にするという方針で初手にガッサを置きました。

<試合内容>
初手はユキノオーとキノガッサの対面。当初の予定通り胞子で突っ張らせるとスカーフ吹雪で落ちる。
パルシェンを投げて殻を破るを選択。としたいところだが、ここでユキノオーが吹雪で突っ張るメリットは殆ど無いため、後ろからパルシェン受けのポケモンが出てくる筈だと考え、フワライドに交代するとメタグロスが出てくる。

ユキノオーがスカーフである事がわかっているため身代わりから入るとメタグロス→ブルンゲルに交代。
挑発警戒でマジックコートを打つと相手はとけるでBを上げてくる。
こちらは小さくなるがん積みからのバトンタッチでパルシェンにつなげ、そのまま2破りし、怯み+回避で3体突破し勝ち。

4-1


後編へ続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

荒川区37

Author:荒川区37
ニコ生で主にシングルレートの放送をやっています。

検索フォーム

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。