スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】課金スタン【第9回キツネの社mf使用構築】

課金スタン


キツネさん主催のシングル対戦オフ「第9回キツネの社mf」に出場させていただきました。
結果は5-3でOPPで一歩及ばず予選敗退。悔しかったですが、オフ自体はとても楽しかったです。

それでは、追記に詳細を記載させていただきたいと思います。
ポケモン持ち物技1技2技3技4特性
マンムー気合いの襷地震氷の礫ステルスロック吠える厚い脂肪
ボルトロス飛行のジュエル10万ボルトめざめるパワー飛行電磁波挑発悪戯心
ゴチルゼル食べ残しサイコショック瞑想影分身眠る影踏み
ハッサムラムの実虫食いバレットパンチ燕返し剣の舞テクニシャン
バシャーモ命の珠跳び膝蹴りダブルチョップストーンエッジ守る加速
スイクンカゴの実熱湯瞑想眠る吠えるプレッシャー


【個別解説】

マンムー色 
■マンムー@気合いの襷
性格:意地っ張り
実数値:185-200(252)-101(4)-*-80-132(252)

起点にならないステロ撒き要員。くーるじーが以前使用していたものをぱくった。
意地っ張りにする事で、ウルガモスに多い陽気マンムーの地震礫耐えなどの調整を狂わせる事が出来るのが魅力的。

氷柱針が欲しい場面はあるにはありましたが、吠える事で相手のパルシェンの起点にならない方が重要だと思ったので、今回の構築では吠えるを入れました。


ボルトロス 
■ボルトロス@飛行のジュエル
性格:臆病
実数値:155(8)-*-90-176(248)-100-179(252)

今回の構築はマンムー、ハッサムの様に見せ合い段階でドラゴンに対して強いポケモンが多いのと、
PT単位で初手に呼びやすいウルガモスやローブシンへ強気に出たかったのでめざ氷ではなく、ジュエルめざ飛行。
思っていた以上に刺さりました。 

残りの技は後続が仕事をしやすくなる電磁波と、あると何だかんだで便利な挑発。


ゴチルゼル 

■ゴチルゼル@食べ残し
性格:穏やか
実数値:177(252)-*-116(4)-115-178(252)-85

選出圧をかける事に関しては最高クラス。
エースポケモンの一貫を作るためにも尽力します。
選出しても出さずに終わったりと活躍する機会は少なかったですが、見せ合い時での働きがとにかく優秀。

身代わりではなく影分身の理由としては、クレセリアを倒す事が出来ないため。
また、ボルトロスの電磁波から繋ぐ前提で考えるのであれば、特殊相手には先制瞑想を積む事が出来るため、相手のサイコショックを意識した図太いHB配分でもいいかもしれない。


ハッサム 
■ハッサム@ラムの実
性格:意地っ張り
実数値:175(236)-193(204)-123(20)-*-102(12)-90(36)

今回の地雷枠。取り巻きも考慮した上でカバドリにかなり安定して繰り出す事が出来る。
初手カバルドンとの対面で剣の舞→カバルドンの欠伸→虫食い→ラム消費→虫食いでカバルドンを突破し、舞虫食い→バレットでドリュウズが落ちる。

耐久のラインとしては、ドリュウズのジュエル地震耐えとAを確保してしまえば後は好みの問題。
相手のハッサム、格闘への打点として燕返しを入れる際には多少Sを多く振ってもいいと思う。

副産物的なものではあるが、熱湯に怯えなくていいのはよかった。
とまぁあたかも自分で考えたかのような言い方だが、実は「ラムハッサム」でググれば出てくるので、気になったら調べてみるといいと思う。


バシャーモ 
■バシャーモ@命の珠
性格:意地っ張り
実数値:155-184(220)-100(76)-*-90-127(212)

今回のPTの抜きエース。Sは2加速でスカーフガブリアス抜き。
余りに柔らかすぎて辛かったので、AとSを最低限確保して残りをBに回した。

一番注目してもらいたい技が、ダブルチョップ。
B4振りラティオスに対して82%の乱数で落とせる。

ジュエルシャドークローのように持ち物を圧迫されることなく、バシャーモ本来の性能を殺さずに苦手だったはずのラティオスを葬る事が出来る。

この事実に気がついた時はとんでもなくテンションが上がったが、実際にオフでラティオスとこいつが対面する事が無かったので、ドヤ顔かます準備だけして、結局ドヤ顔出来なかった。

初手対面して守るターンに身代わりなり壁なり貼られた時はお察し。


スイクン色 
■スイクン@カゴの実
性格:図太い
実数値:207(252)-*-176(196)-113(20)-140(36)-106(4)

吠えるを搭載する事で、積み合いになった際に強い系スイクン。
カバドリや、雨に対して積極的に選出していく駒として採用。
課金スタンと銘打ってはいるが零度クンではない。

それなりに強かったが、氷技が欲しいと感じたのと、相手の零度クンが重かったので身代わりが凄く欲しかった。
技や配分を考え直した方がいいかもしれない。


■選出率
マンムー:■■■■■□□□5/8
ボルトロス:■■■■□□□□4/8
ゴチルゼル:■■■■□□□□4/8
ハッサム:■■■■□□□□4/8
バシャーモ:■■■□□□□□3/8
スイクン:■■■■□□□□4/8





バシャーモ「抜きエースとは何だったのか…」


選出が偏ると言った事は意外となく、こういったスタン構築ですべてのポケモンが選出機会に恵まれたのはよかった。
振りかえって見ると、ゴチルゼルは選出はしたものの、場に出る事が出来たのは2回だけで、まともに活躍したのは1回。下手すぎ(´◔‿ゝ◔`)

ゴチルゼルを使いこなせていない感が半端じゃなかったが、どのPTに当たっても柔軟に対応できるのはよかった。

直したい点としては、相手の零度スイクンがやや重いという点。
あと、構築上ヌオーは切っているので出て来た時は熱湯でやけどさせて泥に持っていくしかない。



最後に、キツネさんをはじめとする運営スタッフの方々、参加者の皆様方、お疲れ様でした!


それでは。読んでいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

荒川区37

Author:荒川区37
ニコ生で主にシングルレートの放送をやっています。

検索フォーム

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。