スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】やっつけバシャピクシー(第11回キツネの社mf使用構築)

ボルトピクシー


キツネさん主催の第11回キツネの社mfに参加してきました。
約300人規模の大きなオフとなっていて、沢山の方と交流できるとてもいいきっかけになりました。

前日までカバドリをずっと考えていたのですが、欠伸ループが成立しなくなってしまった事が非常に厳しく、カバルドンというポケモンが弱すぎたため、急遽このような機会にしか中々使う事が出来ないピクシーを使ってみる事にしました。

試合内容としては、5-1で余裕ぶっこいてたら6-3になっていて、
予選通過が32名の所、33位という結果に思わず声をあげてしましました…。(芸人としては万点)

一度噛み合わないと全て終わってしまう印象を受ける6世代シングルは凄く難しかったです。
XY環境初めてのオフでしたが、とりあえず5-3を下回らないというジンクスは守れてよかったと思います。
次に構築を組む際には、メガシンカポケモンから周りを固めていくような組み方をしたいですね。



PT詳細は追記にて。
ポケモン持ち物技1技2技3技4特性
ガブリアス拘りスカーフ逆鱗地震ストーンエッジ炎の牙鮫肌
ガルーラガルーラナイト地球投げシャドーボール冷凍ビーム身代わり肝っ玉
ボルトロスオボンの実10万ボルトめざめるパワー飛行挑発電磁波悪戯心
ピクシーアッキの実ムーンフォース小さくなる瞑想眠る天然
バシャーモバシャーモナイトフレアドライブ馬鹿力叩き落とす守る加速
スイクンゴツゴツメットハイドロポンプ冷凍ビーム絶対零度神速プレッシャー

【個別解説】

ガブリアス 

■ガブリアス@拘りスカーフ
意地っぱりAS
電気の一貫を消しつつ、ガルーラ・ピクシーが呼びやすい相手のファイアローやゲンガーを上から叩く。
裏にピクシーがいるため、後発マリルリ等に怯えずに比較的安心して逆鱗を打つ事が出来るのはよかった。
思ったより選出しなかったので、鬼火アローやゲンガーを見たいだけなら、
重力催眠にも合わせて強く出れるラムの実を持たせてもよかったかもしれない。

メガガルーラ 

■ガルーラ@ガルーラナイト
控えめ:207(212)-*-101(4)-101(252)-101(4)-115(36)
配分はこちらのブログの物をそのまま使用した。
ピクシーが呼びやすいゲンガー、バシャーモが呼びやすいクレセリアに強気に出れる駒として採用。
こいつを入れるだけでエルフーンや、相手のピクシーに当たった際に詰まない点も良い。
以前バシャーモと組ませた際には臆病個体で使用していたが、今回は倒したい相手に負荷をかけやすい控えめ個体で使用した。
とりあえず鬼火をまいとけという初手ゲンガー構築を駆逐する怪獣マジやばい。

ボルトロス 

■ボルトロス@オボンの実
臆病CS
飛行の一貫を消しつつ、ピクシーの起点を作りに行く。持ち物は後だしや、サイクル戦になった際に安定するオボン。
相手のキノガッサや、メガフシギバナ、ヘラクロスに対してバシャーモの選出を強制されたくなかったのでめざ飛行個体を採用したが、
蜻蛉返りやボルトチェンジで有利対面を作りたがる構築や、電気技の受け先がスカーフガブリアスしかいないようなPTが多かったので、めざ氷個体で使用すればよかった。
本来ならば耐久調整をしたかったが、他の個体の育成に必死でそんな時間がなかった。
挑発は威張るでもいいとは思うが、あるととりあえず運に訴えかける雑な立ちわまりになりそうだったので採用は控えた。

ピクシー 

■ピクシー@アッキの実
図太いHB
オタサーの姫。(周りのメンツが囲っている的な意味で)言霊思想にのっとり、「すべてよける」というNNにて使用した。
前日のニコ生杯で見ていた放送でピクシーが活躍していたのが面白かったので使用した。

レートとは違いオフはTODがないため、場さえ整えれば後は安心して相手を詰ませる事が出来る。
アッキ持ちは月の光型が多いが、詰ませる相手を出来るだけ増やしたいので、眠るを搭載した。
実際眠るがある事で選出のしやすさは格段に上がったので正解だったと思う。
思っている以上に柔らかいので、慎重な扱いが必要。(≒オタサーの姫はメンヘラ)
滅びゲンガーや、投げガルーラに怯えていたがほぼ遭遇せず、単純に対策していないPTも多かったので結構強かった。

メガバシャーモ 
■バシャーモ@バシャーモナイト
意地っ張りAS
ゲンガー、ガルーラ、ヘラクロス、ヒードラン、ギルガルドなど、KPが高いポケモンに強い。
馬鹿力を採用した事で、ガルーラゲンガーのような並びに対して余計な択が発生しないのは非常によかったが、
終盤の抜きエースとしての使い方としてはやはり爆発力にかけるので一長一短。

型次第ではガブリアスやランドロスにも強くなれるので、相手に対しての圧力はピクシーよりすさまじいかもしれない。
また、普通の珠バシャーモと違いスリップダメが入らない事と、素の耐久が意外と高いのはとても使いやすいと感じた。
教え技が5世代限定になってしまうので、泣く泣く猛火個体を使ったが、
バシャーモとガルーラを同時選出したい試合が多々あったので、5世代で加速個体を持っている人は命の珠で使用する事を強く勧めたい。

スイクン 

■スイクン@ゴツゴツメット
呑気HC
水の一貫を切れるポケモンで対面性能が高いという事で採用。
ジュエルポンプスイクンのような感じで使えると聞いたが、まさにその通りだった。
5世代の時からそうだったが、こいつはとりあえず水の一貫を切る補完役としてしか入ってきた記憶しかない。
最初この枠は胞子耐性もあり、水の一貫を切れるにナットレイだったが、相手のバシャーモが重過ぎるのでスイクンになった。


【選出率】
■ガブリアス・・・1/9
■ガルーラ・・・4/9
■ボルトロス・・・5/9
■ピクシー・・・8/9
■バシャーモ・・・7/9
■スイクン・・・2/9


ログを確認してみたらピクシーの選出率の高さに驚愕したが、ピクシーで詰ませたという対戦自体は3戦ほどしかない。
基本選出はボルトバシャピクシー(先発はボルトかバシャで選択だが、バシャが多い)で、大体どうにかなる。
バシャガルーラピクシーのような選出もするので、やはりガルーラバシャーモの並びでは珠で使いたいと感じる場面は多かった。

急造構築なので課題点や修正点等は多々あるが、
強い相手にとことん強いバシャーモと、対策していない相手に対して圧倒的に強いピクシーの並びは相手の選出を強く縛る事が出来るため、周りで上手く補完してやれば、こちらの選出はかなりやりやすい。
何より、これだけアローマリルリがはびこっている中で、BWの頃から使っているバシャーモという好きなポケモンを使って勝てたのは単純に嬉しかった。


さて、ただ並びを書いたいつも通りのためにならない構築記事ではありますが、
ここまで読んで頂き、有難うございました。

また、キツネさんをはじめとするスタッフの皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。
楽しくポケモンする事が出来てよかったです!


それでは、失礼いたします(╹◡╹)




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

荒川区37

Author:荒川区37
ニコ生で主にシングルレートの放送をやっています。

検索フォーム

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。